センイチブログ
金融機関人「センイチ」の日常の出来事や感想などを記した記録。
整理番号

あなたは

番目の訪問者です。
(Since 2006.4.5)



プロフィール

センイチ

Author:センイチ
大学を卒業後、就職。社会人に。金融機関人として、日々勉強中。

在住●京都
性別●男
趣味●映画鑑賞、新しい趣味を探し中。
性格●慎重派。負けず嫌い。ロマンチストで一目惚れしやすい。



お気に入りブログ



ブログテーマ一覧



最近の記事+    コメント



全記事(数)表示



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



検索ワードランキング

レンタルCGI 全ランキング表示



歌詞アクセスランキング



ページランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばいきんまん、さよなら、さよなら、さよなら
20070626233451
ばいきんまん、笑顔で自らを殺菌消毒。

笑っているけど、その後体が小さくなる運命。

自分がバイキンだということを忘れているのか!?


バイバイキ~ン!



某ガストにて撮影。

(タイトルの淀川長治さんと記事のネタは全く関係ないです。悪しからず。)

スポンサーサイト
2007年6月12日の記憶に残る出来事
仕事で伝票のチェックをしていら、
「コンビニ分」←(こんびにぶん)
のところが
「コンビ二分」←(こんび2ふん)
になっていた。


2分て!(;゚Д゚)

(短いな)


こんにちは。
センイチです。


今日は仕事の話。

「第64回5年利付国債」

今後、記憶に残ることになるだろう、
僕が初めて購入した債券の銘柄。
取り引きしたのは、2007年6月12日。


-----
債券とは、
さいけん【債券】
[意]国家・会社などが、事業に必要な資金を借りるために発行する有価証券。
[例]債券発行・鉄道債券。

国債とは、
こくさい【国債】
[意]国家が負う金銭上の債務。
-----


この「第64回5年利付国債」を購入した理由。

世界的な金利上昇や、
5年利付国債の利回りが、2000年2月に発行が開始されて以来、過去最高をつけるなど、
5年債の価格が割安な水準だったこと。
そんな中、入札が実施された第64回5年利付国債が表面利率1.5%をつけ、前回債から0.3%の引き上げで、約11ヶ月ぶりの高い水準となったため、買いと判断。
さらに、入札後に相場が甘くなる(金利が上昇する)のを待って(ここで金利が下がっていたら買わない予定だった)、単価が下がった時点で取り引きした。

と、まぁこんな感じ。

証券会社の人と電話した時は緊張したよ。
特に取り引きを確定させる瞬間。
取り引き価格が一●円と、他の金融機関に比べたら少ないかもしれないけど、
個人じゃ普段ありえない額が電話一本で動くと考えると緊張ってか怖くなる(((( ;゚Д゚)))
でもそれ以上にやりがいも感じられる。

こんな仕事をさしてもらえる今の職場に配属されて良かった!

さぁもっと頑張りますよ。
同期や、時を同じくして働きだした人達と胸を張って会えるように。
お互い頑張りましょう。

気合いだ。

債券 - Wikipedia
国債 - Wikipedia

映画『大日本人』を観て来た
ドラマ「セクシーボイスアンドロボ」の最終回を見た。
思ったんだけど、

松山ケンイチと藤井隆って似てる気がする。

(今さらだよねー)


こんにちは。
センイチです。


2007年06月10日(日)、映画『スパイダーマン3(字幕版)』を観たあとに、
映画『大日本人』を観て来た。
観るか観ないか少し迷ったけど、気になってはいたので、
映画館にいることだし、観ることにした。
席は前もって取っていたわけではないので、真ん中だった。


両隣がカップルだった(゚Д゚)

(ちきしょうが……)

見なかったことにした。



松本人志 第1回監督作品の映画『大日本人』。
事前にどんな映画か全然情報がなかったため、ジャンルすら分からない。
おそらくお笑いの要素が入った映画で、CMを見る限り社会ネタを風刺したものではないかと。
映画『教祖誕生』(1993年。ビートたけし原作)の類(たぐ)いと予想。

噂では面白くないと聞いていたが……。
記者会見で松っちゃんは「自分なりに満足のいく作品に仕上がった」みたいなことを言っていたから少し期待。
面白くても面白くなくても、それは、松本人志の世界観だということ。
そういうことー。
実際に面白くないのかこの目で確かめることにした。

観た感想は……。


<ネタバレ注意>
[続きを読む...]
映画『スパイダーマン3』を観て来た
映画『スパイダーマン3』のタイトルのロゴ。


× スパイダーマンヨ

○ スパイダーマン3


一瞬そう見えたわよ。

(なぜか語尾が女性)


こんにちは。
センイチです。


2007年06月10日(日)、映画『スパイダーマン3(字幕版)』を観て来た。
今回ついに初の一人。今まで誘われたもののみ観に行ってたからね。
席は一番後ろの真ん中を取りましたよっと。
見やすい(・∀・)
ポップコーンの無料チケットがもらえたので、ポップコーン(キャラメル味)をもらって席に座ったら、あ、今回一人なんだ、時間内に食いきれるかな、とか思っちゃって「俺は最初から最後までクライマックスだぜ!」と序盤のCMからマッハで食いだしたら、ほどなくして無くなったよ。


さて、

映画の感想だけど、やっぱアクションシーンがすごかったね。
どんだけ画面動くねん!みたいな。

面白かったシーンといえば、編集長が薬を飲むシーン。
なんのバツゲームだよ(笑)

あと、キメてたのが、ハリーの執事。
映画後半。ストーリー上、超重要な事実をハリーに言っちゃうんだけど、
「ハリーが葛藤で揺れまくってるそのタイミングで言いますかー!」みたいな。
他の映画レビューでは「もっと早く言ってやれよ」みたいな記事が多かったけれど、
僕は「よく言ってくれた」て思ったな。
父親がグリーンゴブリンだって知ってたのには驚いたけど。
見てたら映画『バットマン ビギンズ』の執事を思い出した。


≪映画関連リンク≫
スパイダーマン3 - オフィシャルサイト
スパイダーマン オフィシャルポータルサイト
『スパイダーマン3』公式ブログ
『スパイダーマン3』 特集 - goo 映画
スパイダーマン3 - goo 映画
スパイダーマン3 - Yahoo!映画
映画/スパイダーマン3 映画作品情報 - cinemacafe.net
スパイダーマン3 - 映画生活
スパイダーマン3 - allcinema
MovieWalker - スパイダーマン3(字幕版)
スパイダーマン3 - Wikipedia
しつこく感想スパイダーマン3(感想3回目) - 映画ジャンキー達の挽歌

テーマ:スパイダーマン3 - ジャンル:映画






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。