センイチブログ
金融機関人「センイチ」の日常の出来事や感想などを記した記録。
整理番号

あなたは

番目の訪問者です。
(Since 2006.4.5)



プロフィール

センイチ

Author:センイチ
大学を卒業後、就職。社会人に。金融機関人として、日々勉強中。

在住●京都
性別●男
趣味●映画鑑賞、新しい趣味を探し中。
性格●慎重派。負けず嫌い。ロマンチストで一目惚れしやすい。



お気に入りブログ



ブログテーマ一覧



最近の記事+    コメント



全記事(数)表示



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



検索ワードランキング

レンタルCGI 全ランキング表示



歌詞アクセスランキング



ページランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間ドック
そろそろ夜が涼しくなってきたので
風呂上がりに服を着ようと思います。


こんばんは。
センイチです。


■人間ドック

2007年9月5日(水)、病院で人間ドックを受けてきた。
人間ドックてのは、ちょい詳し目の健康診断って感じ。
まだ20代前半だけど、健康のためには病気の早期発見が大事ってことで。


■ハラヘリヘリハラ

当日は朝から病院へ。
前日に晩飯を食わず水すら禁止ってことだったのですんごい腹ペコ。
まぁ人間ドックが終わるまでの我慢ってことで。

職場からはこの日は僕だけが人間ドックに行く予定で、ましてやいくつも病院があるから知っている人に会わないと思っていたのに、待合室に入った瞬間、某支店長を発見。支店長、顔がめちゃ怖いからやくざかと思った。
支店長は奥さんといらっしゃっていました。(尊敬語……なハズ)

看護婦さんに案内されて、まずはカーテンのかかった小部屋で検査着に着替えた。検査着の下はトランクスのみ。
検査は学校の健康診断と似たような感じで、身長、体重、聴力、視力、血液検査、検尿、検便、肺機能検査などなど。肺機能の検査で、本気で吸い込まなかったら「吸う力弱いねぇ」って言われた。だってお腹空いてたんだもん(笑)


■異常発見!?

血圧や心電図測定の時だと思う。
「不整脈が見られます」って言われた。

なんですと!(;゚Д゚)

なんか器械から聞こえるノイズ音を聞くと、確かに心音のリズムが変。
看護婦さんにドキドキしているからとかいうオチじゃないだろうな。
まぁ、前々から自分の不整脈には気付いていたんだけどね。
今回それが証明されたって感じ。


■看護婦さんのヌルヌル診察

食道、胃及び十二指腸のX線検査をするため、看護婦さんに連れられ照明の暗い部屋へ。
部屋のカーテンで仕切られたところへ入ると、もう一人キレイな看護婦さんが。
部屋まで連れてきてくれた看護婦さんはさっさと部屋を出て行ったので、薄暗い部屋で看護婦さんと二人っきりに。

「上着を脱いで診察台の上に寝て、手は頭の上にしてください」

と言われたので半裸状態になって診察台の上に寝転んで、手は上に。
すると看護婦さん、背中と診察台の間にタオルをひいて、

「下もずらしますね」

と言っておもむろに検査着の下&トランクスに手をかけ、ナニに引っかかるギリギリまで下ろされた。一瞬全裸にされるのかと思ったよ。
てかこの半裸状態で診察台に寝かされた格好。もし手錠とかされていたら完全に受けだな。
とか考えていたら、看護婦さんに、胸の上に検査用のゼリーを垂らされてヌルヌルに。


あれ?ここそういうお店?

とか思っちゃったり。

んで看護婦さんは、バーコード読み取り器みたいな器具で検査を始めた。
器具を体にあててゼリーで滑らしながら内臓の様子とかを診察をされるんだけど、診察が進むにつれて上半身はゼリーでヌルヌルまみれに。
わき腹に来た時が一番こそばくてゾクッときた。

診察中は、息を大きく吸って止めてを繰り返しやらされて、途中から軽い酸欠状態みたいな感じでクラクラしてきた。

すると突然、胸の辺りにあてられていた器具がスーッとお腹とおへその上を通って下へ。そしてトランクスをめくりあげて中へ少し入った。
おいおいそれ以上行くと息子とご対面だぜ?てか見えてんじゃない!?
まぁ腸を診ていたんでしょうな。

その後、検査は終わったようで、看護婦さんが体についたゼリーをタオルで拭き取ってくれた。
んん、本当にここそういうお店じゃないんだよね?
ってことでX線診察は終了。

あまり下品な話にならないように気をつけて書いたんだけど、大丈夫だよね。


■ついにバリウム検査

さて、本日のメインイベント、バリウム検査!
まずは、自律的に動く胃の動きを抑える注射をした。他のよりちょい痛い。

その後、レントゲンを撮ったあと、バリウム検査の部屋へ。
部屋には、診察台に足場を付けて垂直にしたような機械が。
まずは、その機械に乗る。
あ、ここは看護婦さんじゃなくておっさん先生。おっさんてかおじいちゃんに近いかも。
んで、炭酸の粉を飲んで、水で流し込む。あぁ久しぶりの水分。

「ゲップしたらダメだよ。しそうになっても飲み込んで」

って言われたので

「ゲップしたらどうなりますか」

って聞いた。そしたら、

「もう一回炭酸飲んでもらう」

って言われたので、全力でゲップしないように注意しました。
炭酸で胃を膨らまして、胃の形を診るらしいです。

そしてついに登場、バリウム。
恐る恐る飲んでみると……。
ローリーエースと小児科で出される飲み薬を合わせたような味。旨くはないが飲めなくはない。
炭酸で膨らませた胃の粘膜にバリウムを付着させて胃の形が見えるようにするらしいよ。

そして機械が起動。
垂直の診察台が水平になっていく感じ。
アトラクションみたいで、一人ニヤニヤしてました(笑)
小学生か。

先生はとなりの部屋からマイクで「体左向けて」とか指示してくるわけで、
ディスプレイには自分の胃が写っているわけで、
バリウムの量が結構多くて飲むのがきつかったわけで、
空腹の胃はバリウムでお腹いっぱいになったわけで、
検査の最後の方で、機械のアームにお腹をググッと押されてすごい苦しかったわけで、
そんなこんなでバリウム検査は終了。

待合室で看護婦さんに下剤を出されて、今日明日中に普通のが出ればOKって言われた。
3日目になっても出なかったら電話してくれと。
コンクリートは嫌だからな!


■看護婦さんにトランクスを脱がされて……

人間ドックの最後は問診。
どうやら不整脈は気にしなくていいとのこと。
よかったよかった。
んでまた、聴診器あてられたり、診察台に寝かされたり。
すると先生が

「直腸診検査しますか?」

と聞いてきた。
まぁアレをナニするんだろうと分かっていたので、こりゃブログのネタにもなるし、やってもらおう、ってことで受けることにした。

「診察台に寝て、足を軽く曲げて横を向いてください」

そうすると、看護婦さんにトランクスを脱がされて、お尻とかキ○玉とか丸見え。
(そん時ふと思ったんだけど、女の子が三角座りの状態で横になってパンツ脱がされたら、先生に全部丸見えだよね。あ、思っただけ。)

そして、先生にお尻の穴に指を入れられてグリグリと。
さっき下剤飲んだからちょいヤバイ(笑)
まぁ大丈夫だったけど。
別に攻められているわけじゃなかったし。あ、でも看護婦さんはずっと見てたな。
直腸検査の感想は「腸って意外と広いんだな」って思った。
直腸も前立腺も異常なしってことで、最後に看護婦さんにお尻を拭いてもらって直腸検査は終了。
うん、今日受けばっかり。

ハイ、人間ドック終了ー。


■「褒めても何も出ないぞ。これ大豆ですから」

そのあと、昼ごはんとしてお弁当が出た。
まぁ健康そうなメニューだこと。
SOYJOYも出た。
田中麗奈カワイイよねー。


■下剤VS研修

※う○こについては「オカマだけどOLやってます。」(←久しぶりにアクセスしたらタイトル変わってた)の呼び方をマネしてンンコと表記します。

ンンコについてはブログには書くまいと思ったけど感動したので書く。
なんと、ンンコがホワイトチョコに!
いや、マジで!
スゲーぞ。オラ初めて見っぞ。
これがホワイトチョコから普通のチョコに変わればバリウムが全部出たことになるんだな。

午後の研修はお腹ゴロゴロいいながら乗り切った。
人としての威厳は保てた。


■その後

下剤を飲んでいるので夜寝ている時も油断できない。
油断して屁を出すとヤバイ。ねじまき鳥さんみたいになる危険が。
ねじまき鳥さんの気持ちも分かるけどね。酒飲み過ぎるとケツの穴も気持ちも緩むから。

2日後。
お昼にバリウム全部出た。
バリウム作戦完了だな。


人間ドックの結果は10日後、つまり今週の土日くらいに送られてくるみたい。
どんな結果になってるかな。

人間ドック - Wikipedia
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://1001blog.blog62.fc2.com/tb.php/182-51d0d41b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。